キンギョ

原産地は中国。淡水性の魚類で草食性。金魚の歴史

概要

原産地は中国。淡水性の魚類で草食性。卵生で、水中の植物に産卵する。通常30cm程度まで成長する(記録は59cm、体重3kg)。
寿命は10年~15年(記録は43年)。生存可能な水温は0度~41度。学名のauratusはラテン語で「金色の」という意味。
はじめに学名をつけたスウェーデンの生物学者カール・フォン・リンネは、
キンギョをフナではなくコイの仲間とみなし、Cyprinus auratusと命名している。

産地は全国各地にあるが、愛知県弥富市、奈良県大和郡山市、江戸川下流域はキンギョの三大養殖地として知られており、他にも山形県、熊本県玉名郡長洲町などが有名である。また近年では
江戸川下流域から埼玉県北部及び茨城県南部へ生産拠点を移す業者が増えている。
各地に美しい魚体の保存・鑑賞を目的とした、愛好会・保存会が多数存在する。

歴史

中国

金魚は長江下流域の浙江省近辺が発祥の地とされている。
魚類の飼育としては最も歴史があり、中国では南北朝時代には既に飼育されていたが、当時はまだ一般的ではなかった。
養殖が盛んに行われるようになったのは宋代に入ってからであり、
明代には品種も増えた。中国の金魚は長らく皇帝・皇族・貴族・士大夫らによって飼育・愛玩されてきたものであった。
このため文化大革命においては「旧文化」として非難・攻撃・破壊の対象となり、生産・飼育とも壊滅状態に陥った。
文革後日本の生産者らの協力により復興し、日本のような大量生産も始まった。
庶民に流通するようになったのは改革開放政策実施後のことである。現在は中国伝統の特産物の一つとされ、
生産者は政府の支援を受けるに至っている。

日本

日本では鎌倉時代にはその存在が知られていたが、金魚そのものは
室町時代に中国から伝来した。江戸時代に大々的に養殖が始まったが、江戸前期はまだまだ贅沢品であった。
江戸前期の豪商淀屋辰五郎は、天井にとりつけたガラス製の大きな水槽の中に金魚を泳がせ、
下から眺めることにより暑気払いをしたと伝えられている。金魚売りや金魚すくいをはじめ、
江戸中期にはメダカとともに庶民の愛玩物として広まった。1748年に出版された『金魚養玩草(きんぎょそだてぐさ)』が
飼育熱を生んだといわれている。ただ当時は今のような飼育設備もなかったために、池を持っているような
武士・豪農・豪商でもなければ金魚を長く生かし続けることは不可能であった。
庶民は金魚玉と呼ばれるガラス製の球体の入れ物に金魚を入れ軒下に吊るして愉しんだり、
たらいや陶器・火鉢などに水を張って飼育したようである。化政文化期には現在の三大養殖地で大量生産・流通体制が確立し、金魚の価格が下がったことから本格的な金魚飼育が庶民に普及。品評会が催されるようになったほか、
水槽や水草が販売され始めるなど用具の充実も見られた。当時の浮世絵や日本画の題材としても広く取り上げられている。
幕末には金魚飼育ブームが起こり、開国後日本にやってきた外国人の手記には、庶民の長屋の軒先に置かれた水槽で金魚が飼育されているといった話や金魚の絵などが多く見られる(エメェ・アンベール『絵で見る幕末日本』(講談社学術文庫)ほか)。
明治時代以降学校での飼育が始まり、第二次世界大戦後は理科の教材として取り上げられ更に普及した。
現在も縁日や夜店の金魚すくいなどを通じて日本人には馴染み深い。

アジア

 

金魚は18世紀に中国からヨーロッパにわたり、ペットとして飼育されるようになった。
またアメリカには幕末の日本から移入された。熱帯魚には金魚のような赤白がはっきりした色を持つものが少なく、
最近は goldfish という名でペットとして、また投資の対象として人気が出ている(同様の理由で錦鯉も人気がある)。
また金魚・錦鯉は屋外飼育が可能なためガーデニンググッズとしても注目されている。
ヨーロッパやアメリカで作り出された品種も数種存在する宇宙へ

1994年7月8日には、宇宙酔いなどの研究のため、弥富町(当時)産の6匹のキンギョが向井千秋宇宙飛行士らとともに
スペースシャトル「コロンビア」号に搭乗した。