代表的な品種 ランチュウ系

ランチュウ系

背びれが無くなってしまった品種。
尾びれが短く、体型は丸く、頭に肉瘤が発達する品種が多い。

(関東)ランチュウ(蘭鋳、蘭虫、卵虫)

ランチュウ
ワキンが品種改良された高級魚。高いものは10万円単位である。
丸みを帯びた体型と頭部の肉瘤が美しい。
水質の悪化に敏感で体質的にはやや弱い面がある(ランチュウ養殖の宗家では、十分にプランクトンの繁殖した水での単独飼育を推奨された)。
本来はオレンジ一色か、オレンジと白の更紗模様だが、最近では、クロランチュウ・シロランチュウなども出回っている。

オオサカランチュウ(大阪蘭鋳)

別称は模様魚、関西蘭鋳。
大阪府など近畿地方を中心に飼育されているランチュウ。関東のものよりも頭部が小さく、肉瘤もあまり発達しないのが特徴で小さい花房がある。体色は更紗か、ジキンのような六鱗柄が好まれる。
1903年(明治36年)に鳥取県米子市在住の三好音次郎が発刊した『金魚問答』には本品種の更紗斑図は
24列挙されており、現在この品種を手掛けている篤志家諸氏の大きな指標となっている。
この品種の最も大きな特徴は尾である。体軸に対して平行についているとされる『尾先の割れない平付け丸尾』であり
、この尾の作出および維持には困難を要する。明らかに遊泳に不適当と思える尾であるから、
老熟魚においてスム-ズに遊泳を保っている個体群はほんの一握りであることも確認されている。
実際には、古い錦絵等に登場してくる本品種は尾先の割れた桜尾や四つ尾も見受けられ、
尾先の問題に関してはさほど執着はなかったような印象も受ける。太平洋戦争よりわずか数年後、
奈良県の西川養魚場で二歳魚、二十数尾が死亡したのを最後に純血種は途絶えてしまったとされている。
復元には上記の西川養魚場の努力もあり、近年、やっと往年の姿をした本品種も極めて稀にではあるが
、専門店等において見受けられるようになった。復元には島根県出雲地方の地金魚である『出雲ナンキン(天然記念物指定)』、高知県土佐地方の地金魚『土佐錦魚(天然記念物指定)』、中国花房、獅子頭蘭鋳が関与している。
本品種にはいくつものミステリアスな謎も多く、その一つに全盛期の本品種の実写写真が現在でも未発見、
未発表な事。更に現在の日本金魚界を席巻している蘭鋳と合同で品評会が開催されていた歴史上の事実があるにも関わらず、太平洋戦争を期に西川養魚場の育成池に二歳魚、二十数尾しか残存していなかった事。
これらの解明にはまだまだ時間がかかるものと思われる。現在、世界中で愛好されている金魚の数々の品種の中でも、最も真実の姿が伝達、継承されていないのも本品種の特長であろう。

ハナフサ(花房)

キンギョは鼻に小さな毛玉のようなものがあるが、それが巨大化し房状になった品種。
ランチュウ型のチュウゴクハナフサと、オランダシシガシラ形のニホンハナフサに分かれる。

エドニシキ(江戸錦)

ランチュウとアズマニシキの交配によるキャリコ柄。
作出されてから日も浅いため品種の固定が完全ではない。

サクラニシキ(桜錦)

エドニシキとランチュウを再び掛け合わせ(戻し交配)、
淡いピンクと白銀のウロコを持たせた雅な品種。肉瘤は発達しない。

ガトウコウ(鷲頭紅)

戦後、中国から輸入された品種。肉瘤の発達しない紅色の頭を持つ。
また体型も全く丸くならないのがほとんどだが、近年では頭頂部が大きく発達した体型の
丸い個体がタンチョウランチュウの名で市場に出回っている場合もある(なお「タンチョウ」については、オランダ獅子頭系を参照)。

イズモナンキン(出雲南京)

島根県の天然記念物。肉瘤の発達しない、リュウキンのような尖った頭部が特徴
。キンギョとしては珍しく、白っぽい体色のほうが好まれる。
江戸時代から松平家の保護の下、出雲地方で洗練されてきた。

ギンギョ(銀魚)

ガトウコウのような背びれのない細長い体と、セイブンギョのように青みがかった体色が特徴。
頭の肉瘤はほとんど発達しない。尾は短いものがほとんどだが、まれに長く伸びる個体も存在する。
セイブンギョ同様、腹部が白く退色した羽衣も見られる。

シュウキン(秋錦)

明治20年頃、愛知県豊橋市でランチュウとオランダシシガシラを交配して作り出された品種。
肉瘤の発達するランチュウ型の体型に、とても長く伸びるひれが特徴。
体色はオレンジと白の更紗模様が一般的だが、セイブンギョに近いギンシュウキン(銀秋錦)やエドニシキに近い
キョウニシキ(京錦)、サクラニシキに近いキョウサクラニシキ(京桜錦)なども存在する。
最近では肉瘤のあまり発達しない中国産の個体が「シュウキン」として出回っていることが多い。
国内産の個体は一時絶滅の危機に瀕したが、最近では徐々に復活し、希少種として珍重されている。

ツガルニシキ(津軽錦)

青森県の津軽地方で江戸時代より飼育されている品種。
ランチュウよりも長めのひれが下向きについている。3歳くらいまでは体色が現れず、野生のフナと同じような色をしている。
寒冷な気候には強いが暑さには非常に弱いため、飼育の際には注意が必要。

オランダシシガシラ系

リュウキンの変異種。鎖国時代長崎から入ったため「オランダ物」と呼ばれるが、
原産は中国である。「獅子頭」の名の通り肉瘤が発達し、体長も長くなった。一般に飼育しやすい。

オランダシシガシラ(和蘭獅子頭)

頭部の肉瘤が非常に発達している。手に入れやすく、飼育も簡単。

ジャンボ獅子頭(ジャンボオランダとも言う)

熊本県や長崎県など、主に九州地方で飼育されている品種。
体型や体色は普通のオランダシシガシラとほぼ同じだが、「ジャンボ」の名の通り、
非常に大きく成長するのが特徴。大きな個体では体長が50cm近くにまで達する。

アズマニシキ(東錦)

サンショクデメキンとの交配によるキャリコ柄。
英名は「キャリコオランダ」、エドニシキよりは遥かに安定している。

タンチョウ(丹頂)

オランダシシガシラの色変種。白い体と赤い頭部が丹頂鶴を思わせるので、この名を持つ。英名は「レッドキャップオランダ(Red Cap Oranda)」、中国語では「ホントウユイ(紅頭魚)」。

チャキン(茶金)

名前の通り、茶色い体色が特徴。頭部の肉瘤が発達するものとしないものとがある。
英名は「チョコレートオランダ(Chocolate Oranda)」、中国語では「紫魚(ツゥユゥイ)」。

セイブンギョ(青文魚)

「セイブン」とだけ言うこともある。キンギョでは珍しく、体色に青みがかっている。
特に腹部が白く退色した個体はハゴロモ(羽衣)と呼ばれる。

サクラアズマ(桜東)

ごく最近できた品種で、交配方法は謎に包まれている。
名前から推測するに、サクラニシキと同様、アズマニシキからの戻し交配かもしれない。
サクラニシキに似て淡いピンク色、残念ながら白銀のウロコは無いらしい。

デメキン他、一風変わった品種

デメキン(出目金)

リュウキンの突然変異が固定されたもの。名前の通り大きく飛び出た目が特徴。
中国から伝来した年代については、江戸時代初期と明治の2説がある。

チョウテンガン(頂天眼)

デメキンの変種。ランチュウに似た体型だが、やや細長い。
上を向く様な飛び出た眼球が特徴。

スイホウガン(水泡眼)

角膜が肥大して、リンパ液が入った水泡ができてしまった品種。
破れるとまず再生しないため、飼育には注意が必要。英名は「バブルアイ(Bubble
Eye)」 。

チンシュリン(珍珠鱗)

通称はパールスケール、特にピンポン玉のようにまん丸な体型のものはピンポンパール
と呼ばれる。ピンポンパールと呼ばれる珍珠鱗は、プクプクとした愛らしい体系な為、金魚好きには人気があるようである。
半円形に膨らみ、逆立っているように見える鱗が特徴。名前の由来はこの鱗が「真珠」(中国語で「珍珠」)のように見えることから。
スイホウガンと掛け合わせて、頭に水泡を持つハマニシキ(浜錦)が近年生み出された。

チョウビ(蝶尾)

近年出回り始めた中国金魚で、尾が蝶のように広がった品種。特に、白と黒(もしくは赤と白)の更紗模様の個体はパンダチョウビ

オレンジの体色に黒いひれの個体はレッサーパンダと呼ばれ、いずれも需要に生産が追いつかないほど人気が高い。
日本に輸入されるほとんどが出目性の個体であるが、「蝶尾」という品種名は出目性のものに限定されるわけではない。

ヤナギデメキン(柳出目金)

ワキンの体型に長い吹流し尾とデメキンのような大きく飛び出た目をつけたような品種。

今の段階ではあまり評価されていないため選別段階で処分されることが多く、市場にはあまり出回っていない。

その他

この他にも非常に多くの品種が存在し、更に新品種・外国産品種が続々と追加されている。品種として確立していない場合でも
、流通の過程や小売店で便宜的に名称を与え、新品種のように扱われている場合もある。

創業50周年を迎えました。観賞魚のことならなんでも信頼の当店にお任せください!