代表的な品種 ワキン系

もっともフナに近い品種。丈夫で飼いやすい種類が多い。

ワキン系

もっともフナに近い品種。丈夫で飼いやすい種類が多い。

 

ワキン(和金、和錦)

中国から来た最初のキンギョ。フナに近い体型。もっとも手に入りやすく、丈夫で飼いやすい品種。
観賞用としては、更紗模様の三つ尾のものが好まれる。和金の子供で、体長3cm前後のものを小赤、5cm前後のものを姉金と称することもあり、縁日の金魚すくいなどでよく見られるほか、大型肉食性魚の生き餌として使われることもある。

 

コメット

アメリカから逆輸入という形で日本に入ってきたキンギョ。ワキン様の細長い体にすらりと伸びた鰭が美しい。
吹き流し尾と呼ばれる長い尾をなびかせて素早く泳ぐ姿が
彗星を連想させるためにこの名が付いた。手に入りやすく、丈夫で飼いやすい品種。

 

ショウナイキンギョ(庄内金魚)

大正時代に山形県の庄内地方で生み出された品種。体色は赤一色か更紗。
一見コメットに似るが体型はいくぶんか丸みを帯びており、尾びれの張りもあまり強くない。寒冷な気候に非常に強く、丈夫な品種。

 

シュブンキン(朱文金、朱文錦)

サンショクデメキンとの交配により、キャリコ柄になった品種。体型はコメットに近く、長く伸びた各鰭が特徴。手に入りやすく、丈夫で飼いやすい品種。なお、イギリスには特徴的な尾を持つブリストルシュブンキンBristol shubunkin)という品種のみを、熱心に飼育する愛好会も数多く存在する。

 

ジキン(地金、地錦)

ワキンの突然変異により、尾がX状に開いた(孔雀尾)品種。六鱗ロクリン)とも呼ばれる。
愛知県の天然記念物で、美しい体色を引き出すために人為的にうろこを剥いだり薬品を塗布するなどの方法で調色が行われる。
ワキン系の品種ではあるが、体質は弱く、飼育は非常に難しい。

 

オーロラ

シュブンキンとエドジキンの交配により近年生み出されたキンギョ。見た目はシュブンキンに近いが、
成長するに従い、更に大きく長く伸びるひれが特徴。まだ流通量が少ないため、とても珍しい品種。