代表的な品種 オランダシシガシラ系

リュウキンの変異種。

オランダシシガシラ系

リュウキンの変異種。鎖国時代長崎から入ったため「オランダ物」と呼ばれるが、
原産は中国である。「獅子頭」の名の通り肉瘤が発達し、体長も長くなった。一般に飼育しやすい。

 

オランダシシガシラ(和蘭獅子頭)

頭部の肉瘤が非常に発達している。手に入れやすく、飼育も簡単。

 

ジャンボ獅子頭(ジャンボオランダとも言う)

熊本県や長崎県など、主に九州地方で飼育されている品種。
体型や体色は普通のオランダシシガシラとほぼ同じだが、「ジャンボ」の名の通り、
非常に大きく成長するのが特徴。大きな個体では体長が50cm近くにまで達する。

 

アズマニシキ(東錦)

サンショクデメキンとの交配によるキャリコ柄。
英名は「キャリコオランダ」、エドニシキよりは遥かに安定している。

 

タンチョウ(丹頂)

オランダシシガシラの色変種。白い体と赤い頭部が丹頂鶴を思わせるので、この名を持つ。英名は「レッドキャップオランダ(Red Cap Oranda)」、中国語では「ホントウユイ(紅頭魚)」。

 

チャキン(茶金)

名前の通り、茶色い体色が特徴。頭部の肉瘤が発達するものとしないものとがある。
英名は「チョコレートオランダ(Chocolate Oranda)」、中国語では「紫魚(ツゥユゥイ)」。

 

セイブンギョ(青文魚)

「セイブン」とだけ言うこともある。キンギョでは珍しく、体色に青みがかっている。
特に腹部が白く退色した個体はハゴロモ(羽衣)と呼ばれる。

 

サクラアズマ(桜東)

ごく最近できた品種で、交配方法は謎に包まれている。
名前から推測するに、サクラニシキと同様、アズマニシキからの戻し交配かもしれない。
サクラニシキに似て淡いピンク色、残念ながら白銀のウロコは無いらしい。