金魚の知識

ヒブナを観賞用に

キンギョ金魚、学名: Carassius auratus)は、フナの突然変異であるヒブナを観賞用に飼育、交配を重ねていった結果生まれた鑑賞魚。

キンギョの養殖方法

キンギョの増やし方は比較的容易である。また、親の捕食を防ぐため水槽は別途用意する必要がある。

 

キンギョの増やし方は比較的容易である。また、親の捕食を防ぐため水槽は別途用意する必要がある。

産卵

産卵期が春先であるため、水温を雄は3歳前後、雌は4歳前後を水温19度前後の水槽に入れる。
水槽にはシュロなどの魚のための産卵床(さんらんしょう)となりそうな物を入れる。意外ではあるが、亀の子たわしでも代用できる。
大量に産卵させたい場合は、シュロの皮を針金を用いて直径8cm長さ30cm程度のブラシ状にすると良い。
尚、シュロの皮が手に入りにくい場合は、ヤシの実の内皮(たわしの材料)でも良い。また、ホテイアオイの根も使える。
産卵もが、毎年使用できて、便利品である。こちら

 

卵は1mm前後である。産卵後は産卵された物を素早く別の水槽(水温は同じ)に移す。

なお、卵が生存しているか否かは、卵の色で判別できる。
生存している物は無色透明だが、死した卵は真っ白になる。

 幼魚

この時期注意することは、水温と水質である。 およそ1週間程度で孵るが、極めて小さいため視認が難しい。
当初はほとんど泳がず、水底にじっとしていることも多い。このため、循環式の浄化器などは幼魚が
巻き込まれることがあるため使用しない方がよい。水の浄化は水を入れ替えることにより行う。
週に一度、水の1/3程度を入れ替える。 最初は親とは似付かない体型をしている。この時与える餌はミジンコである。
若干、形状が変わった辺りから、イトミミズなどを与える。より小さい時期には、
ゆで卵の黄身を茶漉しで溶いて与えるのも有効であるが、水質を悪化させるため初心者向けではないとされている。

手軽なのは、やはりブラインシュリンプである。必要数に合わせて 手軽に自己管理が出来る。

キンギョの病気

キンギョを飼う際は、病気への十分な知識を持つことが重要である。

キンギョは、同じ観賞魚の熱帯魚と違って、天然に産するものではないため、非常に病気にかかりやすい。
キンギョを飼う際は、病気への十分な知識を持つことが重要である。疾病の発生要因の多くは、ストレスに由来する。

  • 餌の与えすぎ:キンギョには胃が無いので、いっぺんに大量の餌を与えてはならない。
  • 変質した餌:一度解凍した冷凍生き餌は与えてはいけない。
  • 開封後長期間放置した人工飼料も、脂肪が酸化しているので、与えてはいけない。
  • 酸素不足:飼育密度に応じたエアーポンプの設置が必要。
  • 急激な水温変化:水を一度に全部替えてはいけない。秋以降、ヒーターで保温すると良い。
  • 病気の魚を持ち込んだ:買ってきたキンギョは念のため、一時バケツなどにいれおいて様子を見ると良い。
  • pHの変化:キンギョは中性を好む。水道水のカルキ抜き・中和剤使用は必須。排泄物の分解で酸性になるので、定期的に水の入れ替えを。
  • 窒素循環:排泄されるアンモニアを無害化する硝化細菌を濾材で繁殖させる。濾材の目詰まりに注意。
  • スレ傷:ネットで掬うこともストレスを与える。
  • 過密飼育:酸素不足・pH悪化・アンモニア分解・スレ傷などの原因に繋がる。

病理

穴あき病

エロモナス属細菌の感染後、寄生体や細菌類が繁殖し、鱗が発赤>脱落>真皮露出>筋肉露出と悪化していく。
致死性は低いが、観賞魚としては見栄えが悪い。 専用の薬があるので、隔離して薬浴させる。

白点病

原生動物の[白点虫(イクチオイフリウス)]の寄生虫病。致死性・伝染性・進行性のいずれの点でも
、寄生虫病では最も危険な病気。下記のイカリムシとチョウのように虫が外部に張り付くのではなく、
上皮組織内に入り込んでしまうため後述のように薬剤の効きが悪く、治療が困難。水温25度以下の状態でかかりやすく、
水温・水質の変化等の急変によって体力の落ちた魚体に寄生する。4日~5日の周期で寄生→魚体より分離して増殖→寄生を繰り返す。
寄生している間は薬は効かない為、投薬にはタイミングが重要。一旦、白点が消えても水中で増殖している可能性があるので油断は禁物。
白点病で死んだ魚を気付かずほっておくと、寄生虫が大発生し水槽全滅の危険性もある。
外部からの白点虫侵入を防ぐ為にも購入した金魚は4~5日隔離して様子を見ることが必要。

イカリムシ症

イカリムシという寄生虫が固着する。致死性は低いが、傷口からの二次感染が怖い。

チョウ症

ウオジラミという寄生虫が固着する。容姿からチョウとも呼ばれる。
吸血する際毒液を注入し、キンギョに多大なストレスを与える。大きいため直接除去できるし、駆除剤もあるが、卵には効かないため、
濾過材と砂利を交換・洗浄して、卵が孵化するたびに根気よく駆除する必要がある。

水カビ病

水槽に常在している糸状菌(ミズカビ類)が、魚が弱っているときに付着繁殖して、綿毛のような群落を成す。
水カビが体表に寄生することで細胞膜の浸透圧調整機能が破壊された結果として死に至るため、
水槽に塩を入れて浸透圧を調整することで延命が可能。水温20度以下になると発生しやすくなるため、
秋以降ヒーターでの水温調節が予防に重要である。

転覆病

前後の浮袋のバランスが崩れる原因不明の難病。横転して動かなくなり、餌を食べず、
徐々に弱って死んでいく。完全に浮上転覆してしまうと、空気に触れた腹部が爛れてしまい急死することもある。
ランチュウのような丸っこいキンギョほどかかりやすい。

カラムナリス病

文字通りカラムナリス菌の感染症で、グッピーやエンゼルフィッシュの尾ぐされ病の原因と言った方が分かりやすい。グッピーの尾ぐされと同様、強力な組織の溶解を引き起こす。水槽に塩(普通の食塩でよい)を0.5%いれておくと予防に有効。

運動性エロモナス病

常在菌のエロモナス菌の引き起こす病気で、魚が弱ると感染し、二種類の症状がある。
一つは、まつかさ病で、鱗が逆立ってしまう。(ちなみにピンポンパールの鱗の逆立ちは生まれつきなので問題ない。)
もう一つが、赤班病で、皮膚や鱗に皮下出血が見られる。魚が急激に弱る。いずれも皮下組織の病気で、根気よく治療する必要がある。

風船病

ピンポンパール(短尾珍珠鱗)に特有の病気。主に腹部や尾部の皮膚に風船状の水疱(みずぶくれ)が複数発生する。
血液状の液体で満たされた血腫状のふくらみになることもある。ガマガエル症候群(ガマ病)という呼び名もネット上では散見される。
原因は不明だが、エロモナス属細菌の感染によるものであり、まつかさ病がピンポンパールの硬い鱗のために水疱状を呈するのではとの
推測もある。難治性で致死率も高いとされるが、滅菌性の薬剤(ニトロフラゾンなど)により薬浴させて2週間ほどで治癒した報告もある。

病気の診断方法

  • 口がただれる:カラムリナス病の口ぐされ
  • えらに黄色い粘液が付着:カラムリナス病の鰓ぐされ
  • 体表に小さな白点ができている:白点病
  • 体表が点状出血・体表全体の内出血で赤くなる:運動性エロモナス病の赤班病
  • 体表の鱗1・2枚程度の表皮白濁と周囲の充血:穴あき病の初期症状
  • 体表に穴があく:重症の穴あき病
  • 体表の鱗が逆立ち、キンギョがまつかさのようになる:運動性エロモナス病の松かさ病
  • 体表に綿状のものが付着:水カビ病
  • 体表に直径3~5mm程度の半透明・円盤状の虫が付着:チョウ症
  • 体表に1cm以下の細いひも状のものが突き刺さる:イカリムシ症
  • ひれの先端が白濁する:カラムリナス病の尾ぐされ病の初期症状
  • ひれ全体が腐り、扇の端がバラバラになる:重症の尾ぐされ病
  • ひれ全体が赤く充血する:赤班病
  • 正常に遊泳できず、横転・転覆する:転覆病
  • くしゃみのようなしぐさをする:お腹を壊している

病気の治療法

  • 細菌が原因の場合
    • オキソリン酸・塩酸クロルヘキシジンなど抗生物質の投与。
    • 入れすぎに注意。
    • 水槽に入れてしまうと硝化細菌も一緒に死んでしまうので、できれば隔離したほうがいい。
  • カビ・原生動物
    • メチレンブルー・マラカイトグリーンなど色素剤投与。
    • 薬剤が光分解されることや、溶存酸素が減るので注意。
  • 寄生虫
    • トリクロルホン(有機リン剤)投与。
    • 神経毒の薬物であるため、入れすぎ・魚へ直接かけてはいけない。
  • 浮袋の異常
    • 有効な治療法無し。
    • 浮上転覆に伴う爛れは、抗生物質で治療する。
  • お腹を壊している
    • 数日間、餌を与えない。
    • その後、稚魚用の餌またはプランクトンを少量与え、徐々に量を増やしていく。

キンギョ

原産地は中国。淡水性の魚類で草食性。金魚の歴史

概要

原産地は中国。淡水性の魚類で草食性。卵生で、水中の植物に産卵する。通常30cm程度まで成長する(記録は59cm、体重3kg)。
寿命は10年~15年(記録は43年)。生存可能な水温は0度~41度。学名のauratusはラテン語で「金色の」という意味。
はじめに学名をつけたスウェーデンの生物学者カール・フォン・リンネは、
キンギョをフナではなくコイの仲間とみなし、Cyprinus auratusと命名している。

産地は全国各地にあるが、愛知県弥富市、奈良県大和郡山市、江戸川下流域はキンギョの三大養殖地として知られており、他にも山形県、熊本県玉名郡長洲町などが有名である。また近年では
江戸川下流域から埼玉県北部及び茨城県南部へ生産拠点を移す業者が増えている。
各地に美しい魚体の保存・鑑賞を目的とした、愛好会・保存会が多数存在する。

歴史

中国

金魚は長江下流域の浙江省近辺が発祥の地とされている。
魚類の飼育としては最も歴史があり、中国では南北朝時代には既に飼育されていたが、当時はまだ一般的ではなかった。
養殖が盛んに行われるようになったのは宋代に入ってからであり、
明代には品種も増えた。中国の金魚は長らく皇帝・皇族・貴族・士大夫らによって飼育・愛玩されてきたものであった。
このため文化大革命においては「旧文化」として非難・攻撃・破壊の対象となり、生産・飼育とも壊滅状態に陥った。
文革後日本の生産者らの協力により復興し、日本のような大量生産も始まった。
庶民に流通するようになったのは改革開放政策実施後のことである。現在は中国伝統の特産物の一つとされ、
生産者は政府の支援を受けるに至っている。

日本

日本では鎌倉時代にはその存在が知られていたが、金魚そのものは
室町時代に中国から伝来した。江戸時代に大々的に養殖が始まったが、江戸前期はまだまだ贅沢品であった。
江戸前期の豪商淀屋辰五郎は、天井にとりつけたガラス製の大きな水槽の中に金魚を泳がせ、
下から眺めることにより暑気払いをしたと伝えられている。金魚売りや金魚すくいをはじめ、
江戸中期にはメダカとともに庶民の愛玩物として広まった。1748年に出版された『金魚養玩草(きんぎょそだてぐさ)』が
飼育熱を生んだといわれている。ただ当時は今のような飼育設備もなかったために、池を持っているような
武士・豪農・豪商でもなければ金魚を長く生かし続けることは不可能であった。
庶民は金魚玉と呼ばれるガラス製の球体の入れ物に金魚を入れ軒下に吊るして愉しんだり、
たらいや陶器・火鉢などに水を張って飼育したようである。化政文化期には現在の三大養殖地で大量生産・流通体制が確立し、金魚の価格が下がったことから本格的な金魚飼育が庶民に普及。品評会が催されるようになったほか、
水槽や水草が販売され始めるなど用具の充実も見られた。当時の浮世絵や日本画の題材としても広く取り上げられている。
幕末には金魚飼育ブームが起こり、開国後日本にやってきた外国人の手記には、庶民の長屋の軒先に置かれた水槽で金魚が飼育されているといった話や金魚の絵などが多く見られる(エメェ・アンベール『絵で見る幕末日本』(講談社学術文庫)ほか)。
明治時代以降学校での飼育が始まり、第二次世界大戦後は理科の教材として取り上げられ更に普及した。
現在も縁日や夜店の金魚すくいなどを通じて日本人には馴染み深い。

アジア

 

金魚は18世紀に中国からヨーロッパにわたり、ペットとして飼育されるようになった。
またアメリカには幕末の日本から移入された。熱帯魚には金魚のような赤白がはっきりした色を持つものが少なく、
最近は goldfish という名でペットとして、また投資の対象として人気が出ている(同様の理由で錦鯉も人気がある)。
また金魚・錦鯉は屋外飼育が可能なためガーデニンググッズとしても注目されている。
ヨーロッパやアメリカで作り出された品種も数種存在する宇宙へ

1994年7月8日には、宇宙酔いなどの研究のため、弥富町(当時)産の6匹のキンギョが向井千秋宇宙飛行士らとともに
スペースシャトル「コロンビア」号に搭乗した。

飼育方法

すぐ金魚を入れない。

■ すぐ金魚を入れない

飼育方法1  

水道水には塩素が入っているため、1~2日汲みおきするか、又はハイポ(チオ 硫酸ナトリウム)を水10Lに1粒くらい入れて、中和して使う。
お店で金魚を 買ってきたらビニール袋に入れたまま15分くらい水槽に浮かべて、水温を一緒にしてから金魚を入れます。

■ 沢山の金魚を入れない

飼育方法3

市販の60㎝ガラス水槽の場合、体の長さ(尾の部分は入れない)4㎝くらい の金魚では8匹くらい飼うことができますが、普通に飼っても意外に早く大き くなるので5匹~6匹くらいが適当でしょう。
数は少ないほど水が汚れにくく魚は丈夫に育ちます。 逆にどんなに上手に飼育してもたくさん入っていると大きく育ちません。

■ エサを与えすぎない

飼育方法4

1週間ほどしたらエサを少しずつ与えます。慣れてきたら少しずつ量を増や していきますが、
多くても「見えている内に食べつくす量」にしてください。
金魚が死ぬ原因はエサの与えすぎによるものが最も多いのです。金魚は1ヶ月
くらいエサを与えなくても平気です。

■ 水のかえ方

水かえは、冬は2~3ヶ月に1回、夏は1ヶ月に1回くらいでよいでしょう。
特に夏は水が 緑色になることがありますが、これは、植物性プランクトンが繁殖したためで、金魚にとっては
むしろよい環境ですが、鑑賞するには妨げになり、適度に水をかえてください。

(1)一部の水をかえるとき 冬は2ヶ月に1回・夏は1ヶ月に1回 ホースで水槽の下のほうから1/3ぐらい糞やゴミと一緒に古い水を捨てる。
汲みおき水かハイポを入れて中和させた水道水を元の分量まで足す。

(2)全部水をかえるとき 古い水をバケツに移し、金魚を静かに取り出す。
水槽、石などを洗う。ろ過器はあまり洗わない方がよい。ろ過材の中のバクテリアを洗い流すと、ろ過能力が低下する。
塩素を除去した水道水などを入れ、下の水と水温があまり変わらないようにして、静かに金魚を戻す。

■ 毎日の観察

日常管理と観察をしっかり行い、病気の早期発見、早期治療を心がけるようにしてください。
もし、自分の水槽の魚に病気が発生したら、病気にかかっている魚を別の水槽に移して、伝染しないようにします。

■ 飼育に必要な物

飼育方法1

フィルター…ゴミを取る物理ろ過とバクテリアの働きを利用した生物ろ過によって水を浄化し、また水をかきまぜて酸素を提供する。
照明器具…太陽に近い光を与え、水槽の成長を助ける。
酸素…エアーポンプを使い、大気中から酸素を出す。
砂利…バクテリアのすみか
水温系・サーモスタット・ヒーター…水温を調整し、水質を安定させる。

■ 病気になるわけ

金魚をとりまく環境の変化があるから。例えば、

●水質・水温の急変
●エサのやりすぎ
●寄生虫によるキズ

病気になる いろんな症状がでる

●白い斑点・白濁
●尾先がとける
●えらが白色化・腐り
●カビなど

病気になりにくい飼い方
ヒーターを使って一年中飼育水温を25~28℃にしておくと、冬の間でも金魚を楽しむことができ、
病気を防ぐのにも大きな効果があります。病気になったら、どうするかではなく病気にならない環境を作ろう。
健康に育てると少しくらいのことで病気にかかりません。金魚の身になって飼育しましょう。私たちと同じです。

金魚の情報発信基地として整備された施設。国内の金魚等、珍しい、貴重な金魚が多数展示されている。

【ところ】 熊本県 玉名郡 長洲町 大字 長洲3150
【金魚の館】 0968-78-3866

金魚の交配と分類

突然変異によるもの

■ 金魚の交配

交配とは…
種類や品質の異なる動植物の間に人工的な受精をさせること。交雑。

■ 突然変異によるもの

突然変異とは…
遺伝子的変異の一つ。親の形質と異なった新しい形質が現れること。

■ 金魚の分類

■ 体型

ワキン型 リュウキン型 ランチュウ型
ワトウナイ リュウキン ランチュウ
体型はフナから改良された金魚の原種に最も近く、尾の形や体の色に特徴があります。 胴体が短く、腹部が大きく丸みを帯びたタイプで各ヒレが長く、尾ビレが美しい体形の金魚。 背ビレがなく、胴体が筒形が特徴、肉種の発達したランチュウが代表格。

■ 尾ビレ

金魚

らんちゅう らんちゅう 

価格&送料に つきましては、メール or TEL・FAX(06-6856-2822)にて 

お問い合わせ お気軽にお願い致します。

 

りゅうきん・タンチョウ・デメ金・東錦・茶金・キャリコ・江戸錦・
ランチュウ(弥富産・浜松産・伊勢産その他)
オランダ・桜錦・あらたまの華・ジャンボ東錦・
ジャンボオランダ・コメット・シュブンキン・黒コメット
ピンポンパール
土佐金・パールスケール・本東錦・
リュウ金
ゴールデンコメット・オーロラ(3つ尾)・アルビノりゅう金・
津軽錦・蝶尾・黒オランダ
桜東錦・青秋錦・青文魚・桜土佐金・桜花房・蝶尾・水泡ガン・
三つ尾和金・大和錦・和金・

その他御座います。

 

各サイズ&価格はお電話にて お問合せ下さい。

魚は ご自分の目で見て選んで納得されてからの ご購入を お勧め致しております。

 

たかたき店内

 

 

    
観賞魚を飼育される皆様へ ~日本観賞魚振興会からのお願い~

観賞魚飼育を楽しまれる皆様にお願いです。

観賞魚をはじめペットは生き物です。最後まで愛情をもって大切に飼育しましょう。
近年、人為的に国内に導入された生物が野生化し、在来種をおびやかしていることが社会問題化しています。

観賞魚を飼育される皆様へ 国の法整備による規制を待つまでもなく、私たち観賞魚業界としても真剣に取り組んでいかなければならない問題です。
そのためにもまず、現在飼育している外来魚種は最後まで愛情をもって面倒を見ることが大切です。

もう飼育できないからといって、川や池に放つことは絶対に避けなければなりません。どうしても飼育できない状況の時は購入店や関係機関までご相談ください。