錦鯉の種類 パート2

こんにちわ 

大阪の新高滝観魚園です

写りもの
Utsuri-Mono

昭和三色と同様に「写り墨」を有した品種である。
写りものには、白を見せる「白写り」、
赤の鮮やかな「緋写り」、
黄色をベースにする「黄写り」がある。
いずれも地体が単色で、連続した形状の写り墨を持つ。

べっ甲
Bekko

単色の地体に、まとまった点状の墨を持つ。
地体の色で「白べっ甲」、「赤べっ甲」、「黄べっ甲」の三種がある。
べっ甲とは櫛やメガネフレームに使用された鼈甲の模様ににていることから名付けられた。
別甲とも書く。
「写りもの」と「べっ甲」の違いは、前者の地体が黒、後者は白地がベースとなる点にある。


Koromo

紅白からの改良品種で、緋盤の鱗の染め方から衣という。
紅白の緋盤を基調に渋さを魅せる品種である。
衣の色から大別して「藍衣」と「墨衣」に分類されるが、現在では藍衣が主流となっている。

五色
Goshiki

以前は浅黄と大正三色の交配によって作られたために、
大正三色の白・赤・黒と浅黄の青・濃紺の五つの色に由来があったが、
最近では五つの色に関係なく、白地に浅黄地を有し、
なおかつ緋盤を持つ鯉のことを五色というようになっている。

光り無地
Hikari-Muji

全身に金属光沢を持つ単色の鯉の総称。
地体の色調によって「山吹黄金」「プラチナ黄金」「オレンジ黄金」などがある。
他に「ねず黄金」や黄色が渋く光る「昔黄金」などもある。
光り無地が完成して、錦鯉は絢爛豪華なものとなり、錦鯉という名称が確立した。

光り写り
Hikari-Utsuri

移り墨を持つ品種に、光り無地を交配したもので全身の光りの中に
墨のタッチを見せるものである。
「光り写り」とは品種名ではなく総称である。
昭和三色の全身が光ったものは「金昭和」、

白写りの光りものは「銀白写り」、
黄色写りや緋写りの光りものを「金黄写り」と、それぞれの品種名がある。

では次回はパート3です