稚魚の飼育方法

飼育場所・稚魚の餌・成長差に注意・親との同居

■飼育場所■

理想は、大人になってもそのまま飼えるような場所で育てることです。

なるべく水の量が多い場所で(1匹に対して1リットルが理想です。深さより、広さがある容器が良いです。)、ブクブクを付けて飼うことをお勧めします。
小さい内は少ない水でも育ちますが、すぐに大きくなり、酸欠や、排泄物による水質悪化でばたばた★になります。また水(酸素)が少ないと、奇形が出易いように思います。

ブクブクを付ける場合は、調整バルブや分岐コックなどを利用して、威力を弱めてください。ブクブクによって水流が生まれますが、これが強いと稚魚は泳ぎ疲れて★になってしまいます。ブクブクがあると、水中の酸素濃度が高くなりますので、無い時より多くの稚魚を飼う事ができます(無い時の3倍程度)。


■稚魚の餌■

「生まれてから2,3日は、お腹の袋(ヨークサック)から養分を摂取する為、餌はいらない」という説もありますが、「1日目から餌をやった方が、その後の成長具合がよい」という掲示板の書き込み(ポリーさんの『メダカ大好き相談室・メダカの掲示板』にて)を見たことがありますし、実際1日目から餌を食べている(ような)様子を見たこともありますので、我が家は『1日目から餌をやる派』です。

スパイスミル

餌は、市販でベビー用のものも売っていますが、大人の餌をすり潰したものでも食べます。
すり潰しを与える場合は、とにかくよく潰して下さい。生まれたての子は全長3mm程度ですから、口なんて本当に小さいです。中途半端に潰した餌では食べられず、残ってしまい、それを放っておくと水質悪化につながります。


■成長差に注意■

生後大体1ヶ月くらいになると、体長が1cmを超えます(時期や水温等の条件によって変わります)。そうしたら、要注意です。
この頃から、兄弟を食べてしまうようになります。同じサイズの子は食べませんが、生まれたての子や、同時期に生まれた中でも成長の遅い子はターゲットになり得ます。

これを防ぐ為には、まず①違う時期に生まれた子ども達を一まとめに同じ容器に入れないこと、②同時期に生まれた子でも、体格差のある子は別容器に移す、仕切りを設けるなどして隔離すること、が大切です。


■親との同居■

小さい内に親水槽に入れると、即食べられてしまいます。
体長1cm以上になると、隠れ場所が多く存在する場所に限り大丈夫(ただし、かなりビクビクした生活を送ることになります)、1.5cmを超えれば、食べられることは無いと思います(が、追いかけられることはあるかも?)。

安心して入れられるのは、1.8cm以上くらいでしょうか。