メダカの飼い方 季節毎の配慮について



日照時間が伸び始め水温が5℃を超えてくるとメダカは冬眠から覚めゆっくりと泳ぎ始めます。
水温が18℃を超えてくると繁殖行動を始めます。
しかしこの時期は急激な水温低下が激しく白点病にかかりやすくなります。(水温が15℃~18℃付近になる春、秋は白点虫繁殖力が強くなります)早期発見が大切なので毎日メダカの状態(エサ食い、行動、付着物、等)を確認するようにしましょう。


この時期になるとメスはほぼ毎日産卵します。
卵をくっつけるカモンバなどの浮き草などを水槽内に入れ卵を採れるようにしましょう。
特に屋外で飼育している場合は直射日光に当て続けると高水温になり、メダカに負担がかかるので日陰に移すか日よけをするなどの対応を行ってください。
また他の季節と違ってバクテリアの能力が重要になってきます。
水温が上がるとエサの食べ残しや糞や尿の腐敗が進みやすくなり水質悪化につながります。
ろ過装置があまり機能していない飼育下では水替えの回数を増やすなどの対応をしましょう。


日照時間が短くなっていき水温も下がってくる時期です。
産卵は止まり冬眠する為に必要な体作りを始めます。
また春と同じく白点病が発生しやすくなります。

水温が5℃を下回るとメダカは冬眠を始めます。
室内で飼育している場合には水温変化があまり無い所に移動するか屋外に出し自然にまかせ冬眠させるようにしましょう。

水の量

メダカの数によって最低限必要な水の量が決まってきます。
目安として、最低メダカ1匹に対して水1リットル、理想としてメダカ1匹に対して水2~3リットルです。
エアレーションなどをすることによってこれ以上でも飼うこともできますが、なわばりを持ったりした時にあまりメダカが多いとストレスになる場合があります。
水温

メダカが最も活発に活動する水温は23℃です。
この水温範囲に飼育水が保たれていれば、エサ食いも良く、成長も早いものです。
メダカを早く大きくしたいときには、水温を高めに設定します。しかしあまり水温が高すぎると、食欲が落ちてきます。(水温が高すぎる)真夏に繁殖行動が鈍ってくるのはそのためといえます。
メダカにとって、一日の水温変化の幅が大きいとストレスになりますので、最低温度を一定に保つようなヒーターの使用は病気の発生を防ぐ意味でかなりの効果があります。
また、水温が低くなるとメダカは冬眠します。

オスは尻ビレが、平行四辺形のような形をしており、背ビレと尻ビレには切れ込みが入っています。
オスとメスが同じ水槽にいればメダカの種類にかかわらず繁殖は可能です。
メダカは日照時間が長くなると繁殖を開始し、短くなるとやめてしまいます。
つまり、水温の上がる夏を中心に繁殖行動をします。
屋外の池やプランターなどでメダカを飼う場合には自然の摂理に任せておけばよいのですが、水槽などで積極的に子どもを増やそうとする時には、人工照明を1日14時間以上、かつ、ヒーターを使って水温を20℃以上(できれば25℃位)に維持しておくと、冬の寒い時期でも卵を生ませることができます。