魚の病気 腸管鞭毛虫症

早期に処置すれば完治します。

代表的な熱帯魚の病気の外部症状

部位
症状
写真
推定される
病気

対策
ただれる・周辺の皮膚が白くなる。 口ぐされ病 グリーンFゴールド
エルバージュエース
淡黄色の粘液物が付着する。 細菌性鰓病 グリーンFゴールド
観パラD
エルバージュエース
体表
または
直径0.5mm程度の小さな白点が、あちこち見られる。
白点病 ニューグリーンF
アグテン
グリーンF
グリーンFリキッド
グリーンFクリアー
米粒大の白い物が付着し周辺の皮膚が充血する。
※写真は金魚です
エピスティリス症 ニューグリーンF
アグテン
鱗1-2枚程度が充血する。体全体が内出血する。 運動性エロモナス症 観パラD
グリーンFゴールド
ネオンテトラの体表が白化する。 ネオン病 観パラD
グリーンFゴールド
グッピーの体表が白化する。 テトラヒメナ症
鱗が逆立ち、松かさのようになる。
※写真は金魚です
マツカサ病 食塩浴と観パラDの併用
エルバージュエース
カビのようなものが付着する。
ミズカビ病 ニューグリーンF
アグテン
グリーンF
グリーンFリキッド
グッピーが尾ひれをたたんで、立ち泳ぎする。 グッピー病 水温を20℃まで下げる。
鰭の先端が白濁する。
※写真は金魚です
尾ぐされ病(初期) 観パラD
エルバージュエース
アグテン

グリーンFゴールド
グリーンFリキッド
鰭全体が腐る。
尾ぐされ病(重症) 観パラD
エルバージュエース
アグテン
グリーンFゴールド
グリーンFリキッド
鰭全体が赤く充血する。 運動性エロモナス症 観パラD
エルバージュエース
その他 ディスカス・エンゼルフィッシュの糞が透明または、白色。 腸管鞭毛虫症 メトロニダゾール(観賞魚用は市販されていません。)
観賞魚用治療薬の使い方
病魚をよく観察し、病気の種類を判別しましょう。
フィルターから活性炭などの吸着系ろ材を取り外します。吸着系ろ材は薬品を吸着しますので、薬品の効果がなくなることがあります。また、吸着性に優れた底砂利も同様です。
水槽の水を1/3~1/2ほど取り替えましょう。水槽の中にいる病原体を水槽外に出し、魚への感染確率を低減させます。(水質の急変にデリケートな魚種の場合は注意して行って下さい)水換えの際、塩素中和剤は使用しても大丈夫ですが、pH調整剤や白濁除去剤などのご使用は控えて下さい。
投薬するときは、水流の強い場所に投薬し、薬品が満遍なく水槽内に溶け込むようにします。
病気の種類によっては、一度の投薬では効果が緩慢な場合があります。下記薬効期間を経過しても病気が完治していない場合は、飼育水を 1/3~1/2ほど取り替えてから、再度投薬します。
薬  品  名
薬効期間
水 草
グリーンF、ニューグリーンF
5~7日間
×
グリーンFリキッド、メチレンブルー水溶液
5~7日間
×
グリーンFクリアー
10~14日間
アグテン
2~3日間
グリーンFゴールド
5~7日間
×
グリーンFゴールドリキッド、観パラD
10~14日間
エルバージュエース
3~5日間
×
リフィッシュ
10~14日
×
※薬効期間は水温・水質等によって異なります。・薬品は使用上の注意をよく読み、規定量を守りましょう。
・海水魚やアロワナなどの古代魚、
    大型ナマズ類には使用しないで下さい。