ナマズ

頭と口が大きく、目が小さい。口ひげは4本(稚魚は6本)。

ナマズ、学名 Silurus asotus)は、ナマズ目ナマズ科、あるいはコイ目ナマズ亜目ナマズ科に属する淡水魚。頭と口が大きく、目が小さい。口ひげは4本(稚魚は6本)。鱗がなく、粘液で体表が覆われている。全長は30~50cm。また、ナマズは、ナマズ目に属する魚類の総称でもある。 同属の魚は、世界に約17種があり、日本には、マナマズ、ビワコオオナマズ、イワトコナマズの3種が在来種として生息する。一般にナマズと呼ばれる魚はマナマズを指し、後の2種は琵琶湖固有種である。霞ヶ浦には北アメリカ原産のチャネルキャットフィッシュ(通称アメリカナマズ)が、沖縄には東南アジア原産のヒレナマズが定着し、外来生物法の規制対象となっている。また、意外と知られていないが、かつて東日本にはナマズは生息していなかった。江戸時代ごろから東日本にも分布し始めたものとされる。

 

また、ギギやギバチ、アカザなどの在来魚のほか、鑑賞魚として人気があるコリドラスやプレコもナマズ目である。

ナマズ
分類
界:
動物界 Animalia
門:
脊索動物門 Chordata
亜門:
脊椎動物亜門 Vertebrata
上綱:
魚上綱 Pisciformes
綱:
硬骨魚綱 Osteichthyes
目:
ナマズ目 Siluriformes
科:
ナマズ科 Siluridae
属:
ナマズ属 Silurus
種:
asotus
学名
Silurus asotus
和名
ナマズ(マナマズ)
英名
Japanese common catfish
イワトコナマズ

生態

川の流れのゆるやかな中・下流域の淵や、湖沼、池の泥中に生息する。 夜行性であり、昼間は物陰にじっとしている。肉食魚であり、小魚やエビ、カエルなどを捕食する。非常に貪欲で、ほとんど自分の体と変わらない大きさのものも丸飲みにする。

ナマズは5月はじめから梅雨にかけて産卵を行う。産卵期には群れをなして浅い水域に集まり、水草などに産卵する。ナマズの卵は淡黄色あるいは淡緑色である。

ナマズと文化

日本では市場で多く流通している食用魚ではないとはいえ、食用に捕獲されることが多かったことから、古くからその姿がユーモラスに思われ、親しまれてきたとはいえる。このため、伝統的な郷土玩具でもナマズを題材にしたものが見られる。近代以降は漫画で描かれる題材ともされ、小学館の漫画雑誌の一部でも、ナマズを模ったシンボルマークが用いられ、表紙などに描かれている。

 

日本では、地震の前にナマズが暴れるとする俗説が定着しており、微振動や電流などに反応しているとも言われるが、その関連性や科学的機序などは明らかになっていない。また、地面の下には大きなナマズがいて、それが暴れることで地震が発生するとする迷信が古くからあり、一般的に知られている。

 

1937年~1988年に名古屋鉄道(名鉄)で運用されていた850系電車は、その姿形から「ナマズ」と呼ばれ親しまれた。