ドジョウ

ドジョウ泥鰌、英名 Oriental weatherfish または Loach、学名 Misgurnus anguillicaudatus)は、コイ目 ドジョウ科の淡水魚。日本全国の平野部の水田や湿地などに生息。中国、台湾、朝鮮半島にも分布するほか、食用魚として養殖も盛んに行われている。

特徴

雑食性で、ユスリカの幼虫などを主に摂食する。体は細長い円筒形で、全長は10?15
cm。口部にヒゲが10本ある。このヒゲには味蕾(みらい)があり、食物を探すのに使われる。えらで呼吸するほか、腸で空気呼吸も行う。体色は茶褐色で、背部に不明瞭な斑紋を持つものがほとんどだが、まれに「ヒドジョウ(緋泥鰌)」と呼ばれるオレンジ一色の黄変個体も見受けられる。

名前が似ているタイワンドジョウは、カムルチーと合わせて、雷魚とも呼ばれ、タイワンドジョウ科に属する別の魚である。

 

ドジョウ
アルビノ個体のヒドジョウ
アルビノ個体のヒドジョウ
分類
界:
動物界 Animalia
門:
脊索動物門 Chordata
亜門:
脊椎動物亜門 Vertebrata<
上綱:
魚上綱 Pisciformes
綱:
硬骨魚綱 Osteichthyes
目:
コイ目 Cypriniformes
科:
ドジョウ科 Cobitidae
属:
ドジョウ属 Misgurnus
種:
ドジョウ M. anguillicaudatus
学名
Misgurnus anguillicaudatus
Cantor, 1842
和名
ドジョウ
英名
Loach (Oriental weatherfish)

 

慣用句

  • 二匹目のドジョウ
  • 柳の下にいつもドジョウはいない

創業50周年を迎えました。観賞魚のことならなんでも信頼の当店にお任せください!