熱帯魚の飼育方法

熱帯地域に生息する魚類を指す。

 熱帯魚の飼育方法

器具・設備

  • 水槽:ガラス製が一般的であるが、小型のものではプラスチックの一体成型のもの、大型のものはアクリル板を貼り合わせたものも多い。
ガラス製の長所としては、透明度を長期間保つことができる点があるが、大きくなると重量が大きくなり過ぎることと、強い衝撃により破損の恐れがある短所がある。

これに対しアクリル製では、素材となるアクリル板は比較的軽く加工が容易である反面、ガラスよりも経年劣化が起きやすく、比較的柔らかい為に傷が付き易くプレコなど固い歯で物の表面についたコケをこそぎ取る性質のある魚種を長期間飼育すると表面に細かい傷が多数発生し『曇る』場合もある。また、アクリルの強度が十分でない場合、水圧で変形し数年で細かい「す」が入ることがある。

濾過器(上部フィルター方式)の仕組み1.水をポンプでくみ上げる2.物理濾過:水に含まれているゴミを漉し取る3.生物濾過:バクテリアに有害物質を分解させる4.化学濾過:紫外線などにより化学的反応により不要物を分解させる5.水を水槽内に戻す
濾過器上部フィルター方式の仕組み
1.水をポンプでくみ上げる
2.物理濾過:水に含まれているゴミを漉し取る
3.生物濾過:バクテリアに有害物質を分解させる
4.化学濾過:紫外線などにより化学的反応により不要物を分解させる
5.水を水槽内に戻す
  • 濾過器:水中内のゴミを漉し取ったり(物理濾過)、バクテリアの力により魚類の排出する有害物質(主にアンモニア)を硝酸塩などの比較的無害な物質に変化させる(生物濾過)する装置。
    • 上部フィルター方式:水槽の上部に設置した濾過装置にポンプでくみ上げた水を通過させ、重力を用いて濾過し水槽に落下する。現在の日本では中型の水槽では最も一般的な方式である。
    • 外部密閉型フィルター方式:水槽の外部に濾過装置を置く。濾過された水は、ポンプの力で水槽内に還流させる。パワーフィルタとも呼ぶことが多い。
    • 底面フィルター方式:水槽の底面に敷き詰めた底床(砂利)に、エアポンプなどで循環させる構造。安価で手軽だが、濾過能力は高いと言われている。ただし底砂に溜まるゴミを取り除くことが難しいく、掃除が難しい。
    • オーバーフロー方式:水槽を2階建てにし、1階の濾過槽からポンプで強制的に2階へ汲み上げる。2階であふれた水は1階の濾過槽に落ちてくる仕組み。やや高価で場所をとるが、濾過能力は高い。
    • 外掛け方式:水槽の布置に取り付けて簡易・小型のオーバーフローを実現するろ過装置。安価・手軽であり小型水槽に良く用いられるが、濾過能力は低い。
    • 上部底面併用フィルター方式:上部フィルターと底面フィルターを組み合わせた方式。双方の能力を用いることとなり、濾過能力はとても高い。物理濾過と生物濾過とを上部と底面のどちらで行うかで2通りの方法がある。物理濾過を上部で行う方が手入れの面で楽である。
  • 濾過材:バクテリアの住処として濾過器に入れる。大磯砂からセラミックス製までさまざま。
  • 照明器具:魚類が美しく見えるように工夫されたライト。蛍光灯が一般的。
  • ヒーター:サーモスタットの付いた保温装置。水温を一定に保つために使用する。
  • クーラー:水温が上がり過ぎないようにする装置。あまり使用されていない。
  • カルキ抜き:水道水に含まれる魚類にとって有害な塩素を中和させる薬品。

えさ

  • 人工餌:エビ、魚肉、穀類などを魚油などで練って乾燥させたもの。日常的にはほとんどこれがあれば飼育に事足りる。魚の遊泳域は、その性質により上層・中層・下層に固まりやすいので、これらに対応して人工餌も浮上性のものと沈下性のものがある。
  • クリル:オキアミを乾燥させたもの。エビの殻に含まれる色素により、魚の色を良くし観賞価値を高める(色揚げ)に効果があるとされる。
  • アカムシ:ユスリカの幼虫。非常に食い付きは良いが、消化不良を起こしやすい。
  • イトミミズ:泥中に住む環形動物の一種。こちらも食いが良い。その代わり外部から有害物質を持ち込んでしまう場合もある。
  • ブラインシュリンプ:ソルトレイクなどの塩湖に住むプランクトンの一種。

幼魚のエサなどに用いられることが多い。

  • 生き餌:メダカ、小赤、コオロギなど。ガーパイクやピラニアなど、肉食の魚に用いる。

熱帯魚の負の側面

  • 闇放流
魚食性の強い大型魚を飼育しきれなくなった飼い主(アクアリスト)が自分では始末できずに河川や湖沼にこれを放流すること。日本におけるブラックバス・ブルーギル問題などと同じく、これにより生態系に悪影響を与え、固有種の絶滅を招くこともある。
  • ハイブリッド
自然界ではありえない掛け合わせが行われ、これが新種として流通する場合がある。しかしこれはブリードとしての新種として流通にのる為、今の所大きな問題ではない。しかし自然界に存在しない種を自然界に放流したり、闇放流の結果に野生種との間に生まれるハイブリッドは大きな問題となっている。
  • 乱獲
特定の魚種が人気上昇により業者等による乱獲の対象となることがある。希少種が対象になると、それが原因で絶滅を招く恐れもある。また、希少種となった一因が乱獲にあると考えられるケースもある。